mame印のおいしいすろー風土台所yamagata

食にまつわる天然デリシャスな話題を山形から発信。

宿・ホテル・旅館

2013正月は赤湯温泉 瀧波

20130104_0238
ここ最近は地元の「赤湯温泉」が私のいちおしスポット。今年の新年は「瀧波」でスタート。
名物の「餅つき」の朝食すごかったですよ。
何がすごいかって 地元の手をかけた安全な食材にや社長自ら栽培した食材などにこだわっているところ。
そして 何より朝食の仕切りを社長さん自ら行い、誰よりお客に気配りをされているところ。
そのテンションの高さがスゴイ おもてなしの気持ちが強烈に伝わってきました。
ここが一番心揺さぶられるところかもしれません。
他ではまねのできないサービスがたくさんありました。
そして、赤湯はなんといっても「お湯」がいい。
うまいものを食って いいお湯をもらって、こころあるサービスを受ける。
基本がちゃんとしてれば、無駄や余計なものは要らない。

洗練されたサービスというより
「一生懸命もてなす」 「あたたかさ」という  
山形らしさ、田舎くささを うまくウリにしているところがイイと思う。
奥の部屋だったので移動する時の廊下が 
少々寒い場所もあり冬はそれが少々難ありかもしれません。
しかし、その分価格設定も以外と良心的で不満はありませんでした。
少し「よいコース」を選んだ方が正解と思います。
レトロな雰囲気の「赤湯温泉」疲れを癒してくれます。
20130104_0253
20130104_0255


赤湯温泉いきかえりの宿瀧波さん 

モントレ半蔵門よかった

東京宿泊、一休コムで予約したホテルですがとてもよかったです。
対応もお部屋も・・。カーテンも高級ホテル用、部屋のカーテンを開ければなんとそこには小さな庭。雑多な日常が見えなくなっている設計です!そしてフロントの対応がよい。思わず連泊したくなるホテル。ビジネスホテル並みの料金で・・期待以上、コストパフォーマンスの高い宿です。ビジネスホテル料金で行きとどいたサービス、満足度高い宿です。出張や武道館コンサートの時におすすめです。
夜遅く入りましたが、近くにコンビニがあり、野菜スープやサラダ等の商品が充実していました。
画像12
画像2


モントレ半蔵門http://www.hotelmonterey.co.jp/hanzomon/
半蔵門駅 地下鉄半蔵門線5番

桜トンネル

山形で一番好きな桜の名所。馬見ヶ崎川原沿いの桜の下を車で走る。運転しながらのアイフォン撮影・・うまくいかず。

蓮畑 御所の水公園

20090802_150920090802_153220090802_1538


手創りの公園とはいえど それを感じさせない自然の景観をいかした美風景です。蓮畑の中を遊歩道が舗装されておりそれも土、人口的なものはない癒しの空間です。鳥の声と蝉の声と風の音しか聞こえません。小ぶりで本当にきれいな蓮がかなりの面積にひろがって咲いています。13号線バイパスから徳良湖にむかいそこからしばらく奥の方にすすみます。バイパスより15分位の奥まった山のなかの静かな場所です。

酒田花火大会

20090801_1498歴史と伝統ある東北有数の大きな花火大会「酒田花火大会」が8月1日最上川で開催。日本初!前代未聞の二尺玉の博覧会 全国名実ともに評価の高い花火師たちの競演などの企画で開催された。不景気の影響などどこ吹く風の勢い。庄内へ足を運んだついでにと近くを通り 山形道へ入る前に車のフロントガラスいっぱいに真上から大きな花火がおちてくるような体験ができた。この時期で梅雨明けしないような異常気候だけれど短い夏を体感できた。

上山葉山温泉「名月荘」

一年前から予約をし とうとう2007年12月30日 名月荘に泊まりにいきました。感想はまたゆっくりと。貸切家族風呂でゆっくりしました。雪がいい具合に降ってきて風情ある演出に。県外からこられたと思われる家族ずれのお子さんは朝庭の雪で大喜びでした。

今一番お気に入りの山形の宿

山形赤湯温泉 櫻湯 さんしゅゆ(漢字がむずかしく変換ならないので・・とりあえず)離れ形式の宿。茶の湯のこころがゆきとどく本物のサービスとこころくばりで大満足。部屋・料理・お湯・客を感動させるさりげない演出 わたしのなかでは今山形県内いちおし宿。

米沢牛をゆっくり味わいたい宿

時の宿すみれ
先日テレビで放送されたのをみて山形県米沢市の米沢牛の老舗が運営する旅館にちょっと興味ひかれた。これからいってみたい県内旅館候補リストにファイリング。でも子供づれや3人以上はお断りらしいよ・・。

おいしい魚料理が食べられる宿

湯の瀬旅館・・温海温泉。庄内の広告代理店で上質な仕事ばかりを手がけている方からの情報で 以前取材をしたことがあるとのことでご主人がもと漁師で料理が期待できる宿との情報が届いた。候補のなかにリストアップファイリングいたしました。

湯田川温泉 珠玉や

近場のよさを味わう。ここ3年位このテーマで毎年年末に地元県内の宿に宿泊している。新年早々庄内から仕事関係の知り合いがきて「ときどき家族でいくよい温泉」とのことで湯田川温泉の珠珠屋の事を聞いた。貸切家族風呂は予約無であいてれば自由にはいれて 干渉されすぎない心張りがよいと話をしていた。HPをみるとぜひいってみたい旅館である!こちらです。ぜひ行く機会をつくりたい。

≪その後いってみました≫
だだちゃ豆の営業時 いってみましたよ!
確かによかった。
朝お土産の トチ餅を頼んだら 
手づくりの餅をおばあちゃんが旅館に届けてくれた!極上の味でした。
お風呂はすぐそばの同じ経営の旅館のお風呂にも入れます。
湯田川のお湯は入りやすい温度なのにとってもあったまるお湯です。
夕食のお料理は日本海のお魚料理で大満足です。

山の上ホテルで

先日 山の上ホテルに泊まった。起業して4年目わたし自身の過渡期でもある。ここで過ごして自分の思いを確認する時間をもちたかった。お客様本意のサービスと食通の文化人達が好んだホテル 良質な時間のなかでなにかを感じたかった。

1954(昭和29)年創業の山の上ホテル。創業者(吉田俊男)が目指したのはサービスと安心とが行き届いた良質な「小さなホテル」。「もし、人が他人に与へられる最高のものが誠意と真実であるなら、ホテルがお客様に差し上げられるものもそれ以外にはないはず」と創業者の言葉。
山の上ホテル物語を書いた著者常盤 新平さんは「良質のものは、いつも少ししかない」といっている。運営中のウェブショップ「まめ印屋」もそうありたいと思っている。山の上ホテル物語
山の上ホテル

山の上ホテルに泊まった5

とうとう「山の上ホテル」に泊まった。10年前に自分の道を決めた頃にその存在を知り 独立して4年目にしてはじめてようやく自分で稼いだお金で買うことができた「上質な時間」だ。今回の東京出張、今月ちょっとがんばった記念に「しあわせな時間」をすごすことに決めた。良質な時間と本物に癒されたいという思いでここに決めた。

食通でもある池波正太郎、三島由紀夫など文化人達の常宿としていたことでも知られるこのホテル。特に山の上ホテルの朝ごはんはなんとしても一度は味わわねばと思っていた。徹底して「良いサービスとうまい食べ物」を提供する経営方針の宿だ。

ここ3週間位休んでいなかった。前日までばたばたと企画デザインした印刷物の納品やホームページの立ち上げをし翌朝早朝6:30今回のクライアントのイベント会場東京にでかけた。
今年のミシュランガイドブックがでたばかりだが 興味は山の上ホテルの「朝食」のこと。当日イベント会場から宿の予約をとった。もし空いていなければイベント会場の路線にある大江戸温泉に仮眠する予定だった。しかしいい仕事をした時はいい宿に泊まろうと・・・。当日予約で幸運にも空きがあった。

チェックインは午後8時頃 部屋に案内され お茶とお菓子をだしてくれた。「お茶をお持ちしてよろしいですか」お客様がそれをのぞめば。という姿勢だ。部屋に飾ってある花の絵や花もやさしいものだ。疲れがすぅと消えていく。

ちょっと遅くなってもあわてて食事をしなくても ゆっくりとくつろぎながら気ままに過ごせる。ルームサービスが深夜2時まであるのだ。(和食と中華は9時〜9時半)またうれしいのが フルーツの生ジュース。胃を休めたいひとのためのキャベツと人参とりんごもある!なんとこれは 私が今家でジューサーで搾り愛飲しているものである!つぼにはまる。他との違いを次々と発見して満足感がひろがる。
チェックアウトもゆっくり正午。。

宿に泊まりいつも「こうであればいいのに」がすべてある。という印象だ。

ルームサービスは化粧を落として部屋でくつろいでいるため 女性にきてほしいと
思う。安ホテルで気を利かせて加湿機を用意してありますというのでそれを頼んだりすると遅い時間に男性が届けにきたりして違和感を感じることがある。

午後9時すぎて落ち着いてから明日の朝の朝食のために軽くとぺペロンチーノ系のパスタをたのんだ。若い女性が運んでくれた。期待以上のおいしさに感激した。この料金でいいの?という感じ。小エビとブロッコリーというが 小エビどころか大きなエビがたっぷり使用され 小さなとろまでごまかしのない食材を使用していた。オイル・調味料・チーズ・野菜もおいしい。遅く食べても胃もたれしない。弱い私の胃はよい食材をつかっているかのバロメーターだ。

枕も2種用意されている。私はふわふわの枕が苦手で蕎麦の実風のタイプが好み。それも用意されていた。

気取らない心のこもった誠実な印象のサービスがとても心地よいやはり伝説のホテルだ。ここで文豪達が仕事をしていたことを納得。ほんとうに心身休まる宿だ。
今度は本館にお世話になってみたい。インターネット接続もOKだ。山の上ホテル山の上ホテル机2山の上ホテルルームサービス

山形の風物詩 植木祭り

植木市。歴史あるイベントのひとつ。今年はオリーブの木を買った。山形の気候でうまく育つかどうか。。。楽しみながらの挑戦だ。

光善寺枝垂桜と白木蓮 (山形)2

b9f928ad.jpg今年は例年より4日ほど早く開花した山形の桜も満開宣言がでてから寒さがきて長く桜が楽しめている。「花見だ〜と」蔵オビハチの「桜のシフォンケーキ」を食べにいったのが4月8日頃。その週半ばから桜が咲きはじめていたがまだしばらく花見が楽しめそうだ。さきほど昼休み「近くてなかなかいかない」桜の名所へ足を運んでみた。最上義光の菩提寺がある光善寺の桜。13日頃にはすでに3部咲きだったというがすこし散り始めてはいたものの・・まだ美しかったです。明日は高瀬の穴場の桜を鑑賞に行く予定です。いい季節だ。明日は雨かな・・

おすすめペンション山形蔵王5

クリスマスリース
蔵王温泉よりずっと標高の高い蔵王坊平から手づくりのクリスマスリースと
ラフランスとさくらんぼの手づくり無添加ジャムが届きました。
おもわぬ小包の到着に感動も大きく うれしくて 久しぶりにブログにアップ。

秋に取材の仕事でおじゃました「ペンション ノエル」さんからでした。
山形の冬はウィンタースポーツのシーズン。冬の蔵王におこしならばオススメ。ノエルさんはとても素敵な宿です。羊毛のじゅうたんでお部屋は暖かく お風呂も24時間入浴が可能。ペンションにしてはお風呂もひろくなんといってもお料理がよい。奥様が育てたイタリアントマトや地元のこだわり食材で満足度が高い。とてもセンスのいい宿です。山や自然のことはご主人と若だんなに聞くと いろんなことを教えてくれます。料金お手頃でおすすめ。自然の息吹に包まれてひとりでゆっくり静かに過ごしたい方にもオススメです。
63a3936e.jpg

ペンションのまわりの自然と畑や庭のもので作ってくださったリースはふんわり山の薫りがしました。

師走も半ば、こころに余裕がなくなっていたところへのサプライズ。
ノエルさんからの贈り物は一日の過ごし方がかわるほどうれしいものでした。

仕事の合間に事務所の小さなドアを大掃除。気持ちに余裕がでた。
クリスマス・正月 イベントごとを大事にして
その時間を豊かに過ごすそうという行為はとても意味のあることだと感じた。
にわかキリスト教徒でもいい。今年のクリスマスの過ごし方を考えるのも楽しい。
ノエルジャム


まめ印屋厳選:推薦の宿「ペンション編その1」
Profile
にほんブログ村 グルメブログへ
楽天市場
Amazonライブリンク
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ